2005年07月22日

はじめてのセブ島 その2

さて、セブ島2日目は工場見学&検品です。
9時前にホテルに迎えに来るというので7時過ぎに起床し
泣いても笑ってもこれしかないレストラン GARDEN CAFEにて朝食。
ビュッフェスタイルの朝食。私にはちょうど良い感じの品揃え。
でも、2日通ったけどいつも待たされる。
それが嫌な人はルームサービスをどうぞ。
コーヒーはfresh coffeeとかいてある。最近の定番なんでしょうか?
汐留のコンラッドのラウンジで飲んだコーヒーもそんな名前だった。
CEBMAR32.jpg10分遅刻で社長さんが迎えに来てくれた。
同行人M氏(私の以前の上司)とその社長さんは同じマンションに
部屋を持っている。M氏はセブ滞在の為に購入。社長さんは自宅だ。
今日は、以前私の会社とも取引のあった輸入会社のショールームを見学。
今日日はこうゆうのいっぱいあるなぁと思いながらみてまわる。
使えそうなのは1、2品ってところか。
意外に厳しいセブの産業の現実という感じ。

次に私の発注品の出来上がり具合をみに社長の工場へ
工場の案内をしてもらいながら私の発注品は・・・
まだ、一つも出来てない。パーツは出来てるから組み立てて
塗装に出すだけだが。組みあがってないのがちとこわい。
7/28には飛行機に乗せてもらわないといけないのに・・・
マニラの注文品に追われててという社長の言葉が気になる。

そうこうしてる間にランチタイム。
工場はマクタン島にあるのでシャングリ・ラでビュッフェスタイルの
ランチ。セブ島では各ホテル特に米系資本のホテルの入場は
チェックが厳しい。当然私の宿泊しているマリオットも厳しい。
シャングリ・ラのランチは社長曰くまずいとのことだったが
私にはそう感じなかったけど・・・
メニューは英語とハングル!ここは日本人より韓国人の方が多いらしい。
セブ島の超高級リゾートのプルクラやアレグレでも多いらしい。
シャングリ・ラR
韓国からはセブへの直行便があるんだった。
日本からもマニラ経由より人気があるとか。
本当は私もビーチでまたーりしたいのだが・・・仕事だから
会社の金使って来てるわけだしと励ましつつ・・・
シャングリ・ラのビーチはよそからの白砂を敷いてますが
とてもきれい。真っ白にブルーの海水。リゾートじゃ。
シャングリラビーチ
ランチも済んで一仕事。社長はトラブルでマニラに飛ばなきゃいけないとのことで
もう一人の日本人社員にM氏のマンションまで
送ってもらうことに。スコールみたいな雨が激しく降り出し
道路は冠水。水はけなど考えてる人なんていないに違いない。
セブは観光資源の割にインフラの整備が遅れてて
観光し易いとこにならないと運転手がぼやいていた。
この混雑した道路。通り過ぎるジプニー。
車はアップタウンに向かって走る。
市内を一望する場所にそのマンションはあった。
警備員がいて住民以外は入れないそのマンションは
超高級マンションで当然一般ピープルはいない。
所得が桁外れに多い人だけがすむところだ。
通りからみえる違法なバラックや通り沿いの汚い建物に住む
人から見れば別世界の場所。ここには階級が存在する。
スペイン系や対立する華僑、日本人のような外国人。
高所得、中産階級、低所得層。
そんな街並みを見下ろしながらM氏とベランダでワインを
飲みながらセブの話や仕事の話しをした。
ここからみるセブの夜景はとてもきれいだよとM氏は自慢した。
夜の帳が下りるころ同じマンションに住むM氏の友人が
部屋のチャイムを鳴らした。
準備が出来たら夕食に出かけようというのだ。
2Fに住むそのMrs.MLが運転して彼女の息子とアンティ(叔母)
M氏と私の5人で観光客もよく訪れる
フィリピン料理のレストランgolden cowryへ
地元料理が合わないM氏は嫌な顔をしたが私の希望で
フィリピン料理に。地元の人、観光客で並んでました。
こっちの人は食事の時はアルコールは飲みません。
飲み屋に行くと飲んでますよ。決して嫌いじゃないみたいです。
私はとても美味しくいただきました。
タイ料理などより日本人の口には合うような気がします。
そしてサンミゲール。日本人なのでいっしょにぐいぐい。旨い。
夕食後少し買い物をしてマンションに一旦帰り
セブのナイトライフへ
Mrs.MLの運転でスペイン人経営のWINE SHOPというワインバーへ
その前に同じマンションに住むMrs.JN日本人のようなないような
かわいくてとても美人。MLもJNもおしゃれでとても上品です。
これは一般のセブの人と比べると一目瞭然です。階級が違うのです。
M氏はこのJNが大のお気に入りですがJNにはただの遊び仲間のようです。
この店は色んな人種が入り乱れていますが白人系2割というとこでしょうか?
中国系も同じくらいか?日本人は??我が一行位か?
そこでおんなじマンションに住むマダムが一人合流し
(このマダム恐ろしく上品ですのホホホ)
更に、新聞記者のJS嬢が合流しセブアノ飛び交う中
片言の英語で応戦しつつもJNの餌食とかしました。
以前はあまり話せなかったという日本語もワインのせいか
あることないことベラベラと・・・
シンガーの話になりでは次はシンガーを誘おうと
通り沿いのcafeによりクラクション3回。
出てきました。うわさのシンガーとその友達。JNの友達らしい。
美人だけど、私はその友達に興味深々。
日系企業に昔働いてたという彼女は物腰がやわらかく日本人的だし
なにより日本語が話せる!!なんてことかきょうはいっしょに
いけないらしく、総勢6名で最近できたというHABANA CAFEへ
ここはかなりオサレです。センターBARカウンターを取り囲む
ように配置された座席。入店した時既に12時をまわってましたが
白人が通路で踊ってました。ここでもまた、連れのお友達が
中国人とスペイン人のハーフというMissBはダンスがお好き。
セクシーダンスを目の前で披露してもらいました。(頼んでないけど)
彼女も密着系でしたが携帯No.教えてもらいましたが
次来た時かけろっていうんだけど・・・
という訳で3時前に店を追い出されて長い夜は終了。

2日目おしまい。
posted by ウブドちゃん at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。