2005年05月13日

『ラブストーリー』を観た。

很渊聴悵050512 のコピー.jpg


今日は体調が悪かったのですがDVDレンタルしました。
『八月のクリスマス』を探したのですがみつけられずに
もうひとつ探してた『ラブストーリー』はすぐにみつかったので
今日は『ラブストーリー』鑑賞です。はじめは日本語吹替えでみてたのですが
主人公の声があまり私にあわなかったので途中で字幕に変更。
出だしの自宅の場面は『僕の彼女を紹介します』のワンシーンを
思い出しました。こんなとこですでに伏線かぁ。
勿論『ラブストーリー』を観ようとおもったのは
この作品がクァク・ジェヨン監督作品だったからです。
『猟奇的な彼女』『ラブストーリー』『僕の彼女を紹介します』と
女性の主人公を扱った作品を3本観たことになります。
今後も楽しみな監督です。
話は韓国映画にありがちな過去と現在を織り交ぜて
視聴者のこころをつかんでいきます。
私も捕まった一人になっちゃいました。
途中までは映画の流れにまかせてゆったり観ていたのですが
少し油断してたのと演劇部の先輩があんまりぱっとしないなぁなどとおもっていた
ために足元からひっくり返されたみたいに感動の渦にまっさかさまに
突き落とされました。涙で画面がみえない位でした。
デキスギデスネ。