2006年05月21日

『やさしくキスをして』を観た。

『ベッカムに恋して』を思い出す雰囲気。
スコットランドのカトリックとイスラムの問題。
最近フランスで暴動があったように西欧の社会がかかえる
イスラムの問題は彼らにとって身近で大きな問題なのだろう。


***************************

不可はないと思う映画。
でも、後半は盛り上がりに欠けるんだなぁ。
後半のストーリーがやはりハートに伝わってこないんだなぁ。
全体的にはいい仕上がりだから
もっといい映画になっていいと思うんだが・・・
やさしくキスをして
やさしくキスをしてエヴァ・バーシッスル ケン・ローチ アッタ・ヤクブ

アミューズソフトエンタテインメント 2006-01-27
おすすめ平均 star
star★異教徒と付き合う難しさ★
私の感想 star

posted by ウブドちゃん at 01:22| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

NO.129「やさしくキスをして」(英・独・伊・スペイン/ケン・ローチ監督)
Excerpt: ケン・ローチはとりたてて、 「恋愛映画」を撮りたかったわけじゃない。 イギリスの社会派監督ケン・ローチが、はじめての「恋愛映画」をつくったという。ベルリン国際映画祭に招待され、上映後、拍手が鳴り止ま..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2006-05-23 14:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。